2013年03月04日

エアコンクリーニング5台 豊中


今日は賃貸マンションでの退去後のエアコン分解洗浄です。
お部屋も、もちろんクリーニングしますが、
ワンルームの間取りで5部屋のご依頼ですので、
内装工事の、兼ね合いもありまして今日は2名でエアコンの洗浄を行う予定です。
全てダイキン製のエアコンで、早速準備にかかります。
まず、通電して、動作確認後、カバー・フィルター・吹き出し口ルーバーをはずします。
そして本体部分の養生をします。特に電装部分が、濡れると故障の
原因になりますので、しっかりとカバーします。
また、床にゴムシートを敷き、壁周りにも飛散しないようにエプロンをかけ
エアコン専用のビニールカバーをかけ養生準備は、完了です。
次にエアコン本体を洗浄する高圧洗浄機のセッティングと
洗浄液をつくり洗浄開始です。
今日はもう一人のメンバーが本体洗浄を暗闘担当します。
わたしは、養生作業中にはずしていたカバー類を洗浄していました。
高圧の圧力を調整して洗浄する彼のサポートをします。
洗浄開始しますと、すぐに黒い汚水がカバーから流れ落ちてきます。
上部アルミフィンからじっくり洗浄後吹き出し口から内部を洗浄します。
汚れが落ちたのを確認しますと、次に洗浄液を洗い流す
リンスせんじょうを始めます。この作業は、はじめに洗浄したあと
アルミフィン等が腐食などしないように、中和させる作業です。
リンス作業が終わると養生の一部を外し送風し」乾いたウエスで拭きあげします。
そしてベランダ側につながっているドレンホースから吸入器を使用し
ホースの中、たまった汚水などを除去します。
ここまで終了しますと、エアコン本体い噴霧機を使い
抗菌コート剤を噴霧し洗い作業は、終了です。
このあと通電し動作確認チェックしたあとしばらく電気をつけておきます。
つぎの部屋のエアコン洗浄に移動する準備をしたのち
はずしたカバーを装着しリモコンを拭きあげこのお部屋のクリーニングは完了です。
この作業を繰り返しながら5件が全ておわるころには、4時ごろになっていました。
最終片づけのあと、もう一度各エアコンの最終チェックし、におい・水漏れ
などないか確認して今日の作業は、終了しました。

ハウスクリーニングaaサービス
posted by マッチャン at 13:40| Comment(0) | お掃除,ハウウウリーニング | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。